Androidアプリ
アプリケーション

モバイルチョイス

FUSION COMMUNICATIONS CORP.

無料Google playで手に入れよう

  • image
  • image
  • image

アプリの説明

当アプリは、モバイルチョイスをより簡易な手順でお使いいただけるアプリケーションです。ご利用方法:
当アプリを起動し、モバイルチョイスを「ON」に設定してください。
普段お使いの電話帳やダイアルパッドからそのまま発信するだけで、モバチョ/モバチョ050をお選びいただけます。もちろん通常発信も可能です。モバイルチョイスとは:
社員個人の携帯電話を ビジネス用としてもご活用いただけるようにできるサービスです。 …

もっと読む

当アプリは、モバイルチョイスをより簡易な手順でお使いいただけるアプリケーションです。ご利用方法:
当アプリを起動し、モバイルチョイスを「ON」に設定してください。
普段お使いの電話帳やダイアルパッドからそのまま発信するだけで、モバチョ/モバチョ050をお選びいただけます。もちろん通常発信も可能です。モバイルチョイスとは:
社員個人の携帯電話を ビジネス用としてもご活用いただけるようにできるサービスです。 ビジネス用の相手先電話番号の前に6ケタの番号を付けるだけで、 仕事用にかけた料金を会社に一括請求することができます。 モバイルチョイスのメリット:
■メリット1 社員への携帯電話の貸与は不要!基本料金が無料でコスト削減に!
社員個人の携帯電話を仕事用・プライベート用で使い分けることができるので、 社員への携帯貸与が不要。
基本料等のコストの削減が可能です。 社員は携帯電話を2台持ち歩く必要もなくなります。■メリット2 一括請求により、煩雑な精算作業から解放されます!
社員個人の携帯電話をビジネス用として利用している場合でも、 利用明細から業務用の通話料金だけを割り出して計算する必要はありません!
「モバイルチョイス」なら業務用通話の料金が会社へ一括請求になり、 煩雑な精算作業から解放される上、個人の通話明細を見られることもありません。■メリット3 通話料のコスト管理が容易になります。
「モバイルチョイス」なら、実際の通話料のみの負担なので、通話料のコスト管理が容易になります。
また、会社から毎月一定額を社用通話料として支給する場合に比べ 、使用頻度の差による不公平感を解消できます。■メリット4 利用時間、利用金額の制限が可能。不正利用の心配も不要です。
基本機能として「利用時間制限」や「利用金額制限」があります。発信される携帯電話番号の認証を行いますので、不正利用の心配もありません。■メリット5 BCP対策にも有効。災害・緊急時の備えにモバイルチョイス!
万が一の災害時、予め社員全員の携帯電話をモバイルチョイスに登録しておけば、 社員が出社困難な場合や会社の固定電話がダウンしてしまった場合でも、 個人の携帯電話をビジネス用としてそのまま利用することができます。
※「モバイルチョイス」/「モバイルチョイス050」のご利用には、事前のご登録が必要です。詳しくは 下記のサービス紹介サイトをご参照ください。
(法人のお客様)フュージョン・モバイルチョイス 
 http://www.fusioncom.co.jp/houjin/keitai_use/【非対応端末】
KDDI ISW11HT (HTC EVO)
KDDI ISW12HT (HTC EVO 3D)
KDDI ISW13HT(HTC J)
KDDI HTL21(HTC J butterfly)

バージョン
1.0.9
サイズ
26k
※アプリケーションの最新の情報は、Google Playでご確認ください。

情報提供元:secroid

アプリセール情報

※Android、Android ロゴ、Google Play、Google Play ロゴは、Google Inc.の商標または登録商標です。
※このサイトの一部のコンテンツは、Googleが作成、提供しているコンテンツをベースに変更したもので、
クリエイティブコモンズの表示3.0ライセンスに記載の条件に従って使用しています。
※Apple、Appleのロゴ、App Store、iPodのロゴ、iTunesは、米国および他国のApple Inc.の登録商標です。
※iPhone、iPod touchはApple Inc.の商標です。
※iPhone商標は、アイホン株式会社のライセンスに基づき使用されています。
Copyright (C) Apple Inc. All rights reserved.